貧乏リーマン、ケチる

可処分所得が低いなら支出を減らせばいいじゃない、という趣旨で日々の雑記を綴ります

保険

大企業・公務員なら医療保険は不要(付加給付という最強制度)

医療費は、健康保険の範囲内の治療であれば、高額療養費制度のおかげで一般的に上限8万円/月で済む、というのは広く知られている。そして、病気等により長期で就業できない時には、休業補償として標準報酬の2/3が1年半迄支払われることが法定で決まっている。…

地域によって住民税の金額が異なるという誤解とその理由

会社の後輩が、「いま住んでいる場所(県)の住民税が高いから、別のところに引っ越しする」と言いだした。私は漠然と「住んでいる場所で住民サービスは異なるが、住民税自体はほぼ変わらなかったはず」と思ったが、正確に数字を言えなかったのでそれ以上何…

個人年金保険には、年間8万円程度のものに加入するのが吉

確定申告の時期のため、ふと昔に入った個人年金保険について語ってみようとおもう 個人年金保険とは 控除というもの 所得税 住民税 私が今から加入するなら 個人年金保険とは 個人年金保険とは、個人が積み立てる年金だ。つまり、保険料を自分で積み立てて(…

個人賠償責任保険への単独加入の方法

個人的に、保険という性質のもので最強と思っている個人賠償責任保険は、自動車保険のオプションや、火災保険のオプション等で別途つけることが可能だが、単独で加入することが基本的にできない。これは、保険会社にとって旨味がないからだと推測できる。 そ…

賃貸の火災保険は、全労済を選べば間違いがない

アパートやマンションなどの賃貸住宅に引っ越すと、入居時に火災保険への加入を強制するところが多い 基本的に不動産会社が指定してきた保険に入らないといけない、と私は思い込んでいた しかし、色々と調べてみると、自分で好きなものに入ることができると…